お問い合わせリンクサイトマップ
会社案内事業紹介採用情報
HOME > 事業紹介 > 鋼片・鋼材の製造・販売・加工

鋼片・鋼材の製造・販売・加工

 

電気炉製鋼による高品質棒鋼

鋳造・圧延まで完全に自動化された最新鋭の設備を備え、主に鉄筋コンクリート用棒鋼を生産しています。電気炉では直径22インチの3本の黒鉛電極から発生する7000〜8000℃のプラズマにより鉄スクラップを溶解し、不純物や残滓物(スラグ)を分離する精錬が行われ、再生された鉄は連続鋳造機で鋳造され圧延工場で連続圧延された後、鉄筋コンクリート用棒鋼となります。

これら全ての工程は、常に徹底した品質管理のもとにコントロールされ、製品の品質評価は業界トップクラスです。さらに精錬過程で発生するスラグも、建材として100パーセント再利用されています。

この高い品質をよりどころとして、棒鋼は、ダムや橋脚、ビルやマンションの土台をしっかりと支えます。人々の安全・安心な暮らしの基盤に、関東スチール株式会社の棒鋼が活かされます。

 

製造プロセス
製品品質